院長 石井 秀典

柔道整復師

MPSG(モーションパルペーション研究会)講師

MPSG⇒  http://www.mpsg.jp/


 高校卒業後に専門学校に進学。同時に接骨院での研修を重ねつつ、国家試験に合格。

 その後大阪で治療について勉強。

計10年以上の研修を続け、多数のセミナーへの参加、学会にて論文の発表を経て、MPSG講師となり、帰郷。

 患者さんの力になれる様に、生涯勉強の真っ只中。


治療法

  • カイロプラクティック
 カイロプラクティックは、直訳すると「手の技術」。約100年前アメリカで創始された、骨格の歪みを中心に考える自然医療です。世界80ヶ国以上に広まり、34の国や地域で法制化もされています。
 日常生活のストレスや事故などにより、骨格が歪むと、関節の動きが低下します。すると、筋肉、神経、血流などにも影響を及ぼし、実に様々な症状が現れます。
これを薬や手術を使わずに、手技を中心として正常化させる治療法です。
  • モービリゼーション、マイクロ牽引法
 カイロプラクティックにはたくさんの治療法があります。
 その中でも優しく、ごくわずかな振幅で関節を動かすモービリゼーション。
 1kg程度の、感覚としては「ほぼ支えられているだけ」のマイクロ牽引法を、メインの治療法としています。
 治療そのものが痛みを伴ってしまうと、体は緊張し、治療効果が薄れてしまいます。無理な力をかけず、必要な所に必要な刺激のみを与えるため、老若男女問わず全ての人に提案できる、優しい方法です。
  • 運動療法                
フルタニ式ストレッチ、トレーニング( http://www.furutani-chiro.eei.jp/easyfree18/)
を中心とした、左右非対称、体とパフォーマンスを伸ばす運動を取り入れています。
 解剖学、生理学、運動学…色々な視点から、それぞれの患者さんが必要としている運動の種類、強度を考えて提案、指導します。
  • その他
個々の患者さんに適切な方法を選択して行うため、全てを文字にすることはできませんが、痛みのない優しい治療法を基本としています。

 当院では、背骨の治療に特化した特殊なベットを導入しています。

特に腰痛や、腰に原因がある足のしびれ(ヘルニアや脊柱管狭窄など)に対して威力を発揮します。

  ヘルニアや狭窄症を的確に治療するためには、屈曲+牽引という力が有効なことが多いです。

 一般的な牽引機は、背骨全体をまっすぐ牽引するのみなので、軟らかい部分は伸びますが、硬い部分は伸びないままということもあります。

 このベットでは、患者さんの体ではなくベットの方を動かすことで、負担をかけずにピンポイントで病変部位に刺激を与える事ができます。

 そうすることで、筋肉や靭帯などの組織も緊張が緩和し、腰痛や足へ行く神経が開放され、症状も改善されます。